UFC fighter
TAKEYA MIZUGAKI
prologue

世界最大の総合格闘技団体UFCで活躍する水垣偉弥。
幼少期からアルジャメイン・スターリング戦までの歩みを振り返る。

UFC fighter
TAKEYA MIZUGAKI
vs Aljamain Sterling

UFCタイトル戦線の生き残りをかけたアルジャメイン・スターリング戦。
相手の執拗な攻撃に水垣は捕まった。

UFC fighter
TAKEYA MIZUGAKI
vs George Roop

UFC JAPANでジョージ・ループ戦を控えた水垣偉弥。
安田けん(セコンド・格闘家)とのゲーム対談で試合展開を大胆に予想!?

水垣偉弥
TAKEYA MIZUGAKI

1983年12月16日生まれ、八景ジム所属。

関東学院大学工学部卒業、同大学院修了。剣道参段。初代CAGE FORCEバンタム級王者。

時代劇とお相撲が大好きだったという一風変わった水垣少年はチャンバラ好きがこうじて剣道の道へ。が、センスがなかったみたい。高校3年生ラストの大会でまさかのレギュラー落ち!これを期に剣道に見切りをつけ、MMAの世界へ。これが水垣青年にハマって、とんとん拍子で日本タイトルを手中に収めた。そんな水垣選手が次に目指したのは世界中の猛者どもが集まるアメリカのUFC。

戦績20-9-2( W-L-D )、UFCバンタム級8位。*2015年7月現在